FC2ブログ
Music should be Created to Enjoy Life~♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Control monotribe in USB-MIDI Keyboard
2014年09月09日 (火) | 編集 |
前回、次回予告しときながらなんなんですが…

…不完全燃焼だなぁー (-_-;)

ていう感じになっちゃいました…f(^^;


ま、最大の原因は…

私の勘違いですけどね!<(`^´)>エッヘン


さて、久しぶりの機材紹介にもなりますが…
久しぶり過ぎて、どこまで紹介してたのか分からなくなっちゃってますよw f(^^;

今回、使ったモノはこちら!
BEATSTEP
ArturiaのBEATSTEPです!

どういうものかは…

詳しくはリンク先の公式ホームページでも見て下さいなw

簡単に言いますとパッドコントローラーなんですけど、16ステップシーケンサーとしても機能しちゃいます。
しかも、各種DAWのみならず、iOSやMIDI外部音源、はたまたCV/GATE入力のあるアナログシンセまでもこれでコントロールできてしまうスグレモノですよ~♪

つまり、USB、MIDI、CV/GATEという異なる信号をコイツがやりとりできるようにしてくれる機材でもあるのです!
それを考えますとBEATSTEPのお値段はかなりお得かと。

これを使えば、ver.2.1でCV入力に対応したmonotribenanoKEY2などのUSB-MIDIキーボードで鳴らせる!
または、iOS機器をつないで、スケール設定できるようなキーボードアプリなどで、カオシレーターの如くmonotribeのアナログシンセを鳴らせる!

ところが私はちゃんと分かっていなかった…。

結論から言いますと…
できました。

できましたが…
もっとシンプルにできるかと思ってたんですよねぇーf(^^;

いや…まぁ…私の知識不足ですm(_ _)m


勘違いその1
CV/GATEをよく分かっていなかったf(^^;

アナログシンセというものの知識が全くなかった私はmonotribeのアップデートで、ほぼ初めてCV/GATEという言葉を知りましたww
で、monotribeのサイトを見てたら、『CV/GATEケーブル』で接続したら、CV出力機能を持ったアナログ機器でmonotribeを演奏できるって書いてあったので…
単純に、BEATSTEPのCVアウトとmonotribeのsyncインを2極か3極のケーブルでつなげたら使えると思ってました…w

ところが…

CVとGATEって別々のモノなんスねww
お恥ずかしい…f(^^;

よって、必要なケーブルは…
monotribe側が4極、BEATSTEP側が2極×2のケーブルなんですけど…

無いわ!んな特殊なもん!

ここでまず、BEATSTEPの購入を後悔するという…。

だからといって、ケーブルを自作する気も無いのですよw
そんな気があるなら、そもそもCV/GATEなんていうワケのわからんモノを使わずに、monotribeをMIDI接続化ができるMIDITRIBE I/Oという改造キットに手を出してますよw
monotribeを直接MIDI制御できれば、一番簡単な話ですから。
でも、外カバー外してっていうような改造をするのが嫌だったんですよねぇ~。

わがままでスミマセンw

まぁ、BEATSTEPにはMIDIアウトもついているので、素直にvolcaとかMIDIインの機器を検討すればいいのだけれども…
そのために、volcaを買うとか…ちょwないしwww
だって、BEATSTEPとmonotribeにちょいプラスすれば、ArturiaのMICROBRUTEとかRolandのTB-3とか、もっと本格的な音で気軽につなげられるシンセが買えるしww
てか、TB-3は今でも欲しいと思ってますけどねw…コホン。


んで~

どうにかならないかと必死で検索してたら、とあるモノが目に留まりました。
beatnic.jpさんのプロダクト、
Breakout Box for Monotribe です!!
Breakout Box for Monotribe
これですよ!これ!

2極のCVアウト、2極のGATEアウトからの信号をmonotribeにある、たった一つの4極CV/GATEインへと誘う魔法のボックスです!!

beatnic.jpの武田さん、注文等の際には丁寧なご対応、
ありがとうございました!m(_ _)m

で、これにモノラルミニプラグのケーブルを2本、CVとGATEそれぞれにつなげまして完成…と思いきや…

勘違いその2
monotribeにCV/GATEケーブルを接続できたらスグ鳴らせる…
…わけじゃないf(^^;


monotribeをCV入力設定モードで起ち上げて、CV入力の設定等をしてやる必要があるんですよね。
もともと同期用のシンク・イン端子をアップデートでCV入力にも使えるようにしたわけですから、そのCV入力モードのオン・オフの切り替えや、外部からのCV/GATE入力を受けて、それに対するピッチ等の調整をすることがまず必要なのは、至極当然ですよねぇ…f(^^;
確かに当たり前の事かもしれませんが…
私は、つなげたらスグ鳴らせると思っていただけに少し面倒に感じました。
ま、monotribeのアップデートの仕方等を見ればわかるように、KORGさんは敢えてそのような仕様で、アナログ感を大事にされているというのも理解はできますけどね。

さらに…

勘違いその3
USBキーボード、PC、BEATSTEP、monotribeをつなげたら、
スグにmonotribeが・・・鳴らせないf(^^;


これも当たり前なんですけど…

PC起ち上げただけの状態では、当然、USBキーボードから外部へMIDI信号を送れないんですよね。
で、DAWを起ち上げさえすればイケると思ってたんですけど…

相手先をBEATSTEPに設定したMIDIトラックをつくって、
そのトラック上でやらないとダメなんですねwww f(^^;


そうなってきたら、もうプラグインのシンセでええやん!w

いや…ホント…お恥ずかしい…f(^^;f(^^;f(^^;

こうして、自分の未熟さに気付かされた今日この頃です。


と、まぁ、このようにmonotribeをPC経由のUSBキーボードで鳴らすことはちょっと面倒だなぁと。
たぶん、もうしないw

せめて、BEATSTEPにMIDIインがついていて、それをCVアウト・GATEアウトに直接送れたら、まだ使えるのになぁ…。

最近では、RolandからAIRAシリーズとして、SYNC BOX AIRA SBX-1なるモノが発表されておりますけれども、コレがあれば直接つなげられそうですね!
ただし、お値段も相当…
コレを買えるなら他の選択肢もあると思います。
あくまで、コレは他のAIRAシリーズをもっと活かしきるためのモノですね。

あと、OP-1で知られるTeenage EngineeringからもOplabというおもしろいモノが出ております。
ただ、こちらもそれなりのお値段がいたしますねw


monotribeはリボン・コントローラー鍵盤でも十分、楽しめます。
そして、今回、その方が楽しいとすら思えましたww
音も全く悪くないので、コイツは単体で弄りつつ、DAWにRECするなどして活用していきたいと思います。

以上、恥さらしの長文記事でしたm(_ _)m
おそまつでした!f(^^;
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。