FC2ブログ
Music should be Created to Enjoy Life~♪
The Air Compared to the mini Retina
2013年10月23日 (水) | 編集 |
出たね~♪

ここまで来て今日、これをアップせずにはいられないわなw

今朝、発表されました iPad Air です!
http://www.apple.com/jp/ipad-air/


どちらかと言えば、iPad miniがRetina化されるかに注目が集まっていて、それがついにRetina化されたということでminiも非常に人気が出そうですが…
私的にはそれを上回る衝撃を第5世代iPadに感じました!
その衝撃、このネーミングにしっかりと表れていると思いませんか?

Air

エアー

えあ~


ええいああ

君から「もらい泣き」

すばらしい・の・は 誰です?

Apple Inc.ですw

あーもう!すぐ脱線しちゃうww


んで~


単純にスペック比較すると、なんとminiもA7チップとM7モーションコプロセッサを採用ということでその他、カメラ機能、バッテリー駆動時間なども同じことから…
Airとminiとの違いは 大きさだけ になりましたね。

このような比較単純化は、実にアップルらしいなと思うところです。

ならば、同スペックで、より軽く、大きさも手頃で、Retinaディスプレイについては326 ppiにもなる(これはiPad Airの264 ppiよりも密!)iPad miniを選ぶ方が賢明のような気さえしませんか?

私はそうは思っていません。

初代iPad(Wi-Fiモデル)も初代iPad mini(Wi-Fiモデル)も使っていた私からすると…

まず、iPadというタブレットは例え7.9インチという手頃な大きさでもモバイルという用途ではあまり使用することはありませんでした。
もちろん用途は人それぞれですので、誰にでも当てはまることではありませんが…
私の場合、Wi-Fiモデルと言うこともあり、せいぜい家の中で場所を気にせず使えるタブレットというモノでした。
外で使うなら、iPhoneがあれば十分です。
もちろん、たまにはiPhoneよりも大きな画面で視聴や操作がしたいと思うこともありましたが、それはiPhone5以降から可能になったテザリングを使えば、Wi-FiモデルのiPadでも外でインターネットにつなげることは可能になりましたね。しかしそれでも、気軽にはポケットに入らないiPadを(例えminiでも)敢えて持参することはそれほど無いように思います。

では、私がiPadに求める役割とは何か?

それは大画面ならではの快適な操作性と迫力のビジュアルです。

そもそもminiのニーズが高まったのはAndroidなどの7インチタブレットが現れ、それまでPCに代わる新たなデジモノとして注目されていたはずのiPadが、初代から600gを越えるiPadは長時間、片手で持って使うには重く、また携帯するには大きいという声が世間で(特に日本で)するようになり、次第に他の7インチタブレットが売れ行きを伸ばし始めました…。(特にNexus7は好感触でしたね~♪)
そこで、片手で持てるギリギリの大きさ且つ7インチより広い画面のminiが登場し、主流になりはじめていたRetinaディスプレイでなかったにも関わらず、大いに売れました!

ここで言えるのは、iPad=「重くて大きい」というマイナスイメージがつき、スペック的にはminiより上であっても実際の使用を想像したときには、miniの方が実用的な感じがすることです。
まぁ、当時、アップルさんはそれを狙っていらっしゃったでしょうし、実際にminiを使い始めるとその使用機会はiPadの使用機会よりも着実に増えていると実感できるほどでした。

ところが、あれから約1年。
現状を今一度みてみると、実はそれほど使用機会はiPadと変わっておりませんw
これも個人差があると思いますが…。
結局、メインはiPhone4Sを使い、家でくつろぎながら動画やネット、アプリを楽しむ際にたまに使う程度。
しかも、miniよりも大きいサイズで見たくて、初代iPadを使うこともたまに。
これももちろん、このiPadが最新スペックであれば、なおさらminiは不要です。

あと、アプリにもよるかもしれませんが、私的にminiのタッチ判定が好ましくありません。
miniはあくまでiPadの画面を7.9インチに凝縮したに過ぎません。
アプリはiPadに合わせて開発されるため、iPadでは自然で操作しやすい大きさであるボタンや枠などの画像が当然、miniでは小さくなります。
画像が小さくなるということは、その反応する範囲も狭くなるため、思ったよりもタッチ判定が厳しくなることがあります。
このコトが地味にストレスで、私はあまりminiを使いません。

もちろん、最初に気軽に触りやすいのはminiなのですが…
じっくりやろうとなるとやはりiPadになります。

また、奏作用途においても(コレ重要w)、気軽なminiもいいのですが…
やはり結局、iPadの大きさとスペックで使うのが心強いです。
(とは言え、初代iPadでは話にならんのですが…ww)


さてさて。

では今回、iPad Airとなって生まれ変わったiPadはいかがか?

先程、iPad=「重くて大きい」というマイナスイメージと言いましたが…。

まず、「大きい」ことはマイナスではありません。

少なくとも、私は「大きい」方がいいです。
操作、動画視聴、アプリ、ブラウジング…
大きい方が快適じゃないですか!

ウソかもしれませんが、12インチiPadが開発中という噂もあります。
私はそれ欲しいです。

あまりにも重くなければ。

そう!

つまり、iPadが片手で持つのに軽ければ…

iPad=「軽いのに大きい」という完全にプラスイメージのモノに成り変われます!


んで、今回iPad Airは…

469gですと!?

まさに、Air !!

と、大袈裟にしてみましたがw

数字だけではどれほどなのか分かりません。f(^^;
しかし、歴代iPadが600gを越え続けたにも関わらず、いきなり前世代より約180gも軽くなったとなると期待せずにはいられません。
早く店頭でハンズオンしたいですね!


ちなみに、「Touch ID」を期待されていた方もいるかも知れませんね。
これまた私の個人的な意見になりますが…

特に必要ではありません。
いや、まぁ…あったらあったでいいんですけどねw

これまでの私の使用状況から分かる通り、外で使うことはあまりないiPadにパスコードロックをかける必要がないんですよねぇw
あと、セキュリティをかけたとして、iPhoneはスマホですから使用頻度が多く、また電池残量を気にするので、スリープのON・OFFによる出入りが多くなります。
ゆえにiPhoneに「Touch ID」は非常に便利だと考えます。
しかし、iPadはその使用用途から頻繁な出入りが多い機種とはあまり思わないですし、バッテリー駆動時間もたっぷりあるので、使用中は点いたまま使い続けることが多いのではないでしょうか。
まぁ、この辺はやはり人それぞれの見解があるでしょうねw

さらに今回に関して言うと、iPhone5sにおいて「Touch ID」に伴った不具合が出てきました。
iOSのアップデートでこの辺は解決されるようですが、まだまだ搭載されたばかりの新技術。
使用に関わってくる問題がまた起こり得るかもしれません。
iPadの新しい船出にこういった不安は少しでも取り除いておいた方が賢明かもしれませんね。


今回、本当に個人的な見解でiPad Airを推すような記事となっておりますが、
iPad mini Retinaディスプレイモデルもやはり素晴らしいモノです。

要は、使い方をじっくり吟味なさって、それに応じたモノを選んでいただければと思います。

で、私はやっぱりiPad Airを選ぶと思います~♪

実際に触れて、本当に喜ばしい報告ができることを願うばかりです!
(^O^)/


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック