FC2ブログ
Music should be Created to Enjoy Life~♪
Control Cubase with AC-7 Core & NetworkMIDI
2012年07月19日 (木) | 編集 |
DAW上の編集は根気が要りますよね。

例えば、フェーダーやノブを使ってのボリュームコントロールやオートメーション、オーディオデータの波形処理、聴き直し・録り直しの際のトランスポーズなど、特にDAWソフト画面での操作がマウスとキーボードだけではあまりにも効率が悪すぎます。

なので、専用コントローラとか使って快適にできればいいんですけど。


そんなわけで昨年、nanoKONTROL2を買いましたが、ここで問題点が…

フェーダーを動かすとDAW上のフェーダーが突然、その位置へと反応してしまう!

意味分かります?f(^^;
例えば、nanoKONTROL2のフェーダー位置が仮に「30」・DAW上のフェーダーが「80」だとすると、nanoKONTROL2のフェーダーを動かすまではDAW上は「80」のままですが、ここでDAW上のフェーダー位置を「90」に上げたいと思ったときに、nanoKONTROL2のフェーダーを少しでも上げた途端、DAW上のフェーダーは一旦「31」まで下がってしまうのです。

意味分かる人には分かるが、分からん人には分からん説明www

要するに、DAWとコントローラが完全にはシンクロしていないということです。

これを解決するには「モーターフェーダー(ムービングフェーダー)」というモノが必要になります。
これは、DAW上のフェーダー位置に合わせて、モーターによる制御で、自動的にコントローラのフェーダー位置を合わせて動いてくれるスグレモノですが…
難点は価格が高い!
また、モーター式なので、別電源が要る!
結果、重い!

まぁ、重くてもいいんですけどね。
できれば、外出先にも持っていけるモノがあればいいなぁ~なんて。

んで~

Cubaseに限って言えば、CMCシリーズのCMC-FDってのがあるんだけどフェーダーだけで…ねぇ~?f(^^;
だったら、コレソレも、なんならアレも必要で…逆に高いわ!!

やっぱ、今一番、自分の条件を満たしそうなのはこれかなぁ…
でも、高いしなぁ…

ん?

ちょっと待てよ…
CMC-FDのようなタッチ式のコントローラがあるならば…
iPadでもできるんじゃねぇ~っ?!

できます!

Saitara SoftwareさんのiOSアプリ AC-7 Coreです!
AC-7 Core
まず、その価格 700円!!

しかも、対応DAWソフトは…
 Apple's Logic
 Pro Tools
 MOTU's Digital Performer (v6.02 upwards)
 Cubase/Nuendo
 Cakewalk Sonar
 Reaper
 Ableton Live
 Propellerhead Reason/Record
 Sony Vegas/Acid Pro
 FruityLoops Studio
 Presonus Studio One
 Adobe Audition
 Mackie Tracktion
 Final Cut Pro
と、主要DAWソフトを網羅!!
他にもマッキーコントロール仕様であればイケちゃいます~♪

これで、トランスポーズやボリュームコントロール、オートメーション、トラックのズームイン/アウトなど、各種コントロールがこれ一本でできちゃいます!!
うぉぉぉぉーーーーーーっ!!!!!!!!

さて、接続ですが…
IK MultimediaのiRig MIDILINE 6のMIDI MobilizerⅡYAMAHAのi-MX1などの各種iOS端末用MIDI製品を使って、MIDIインターフェイスを介してPCとつなぐだけ。
あとはDAWソフト側で各種設定すれば、マッキーコントローラとして認識されるかと思います。

んが!

今回はココで終わりません!

毎回、ケーブルつなぐのめんどくさくないですか?
これでUSBがひとつ塞がれるのは嫌じゃないですか?
寝転びながら、ミキシングしたくないですか?

別にいいなら、それで構いませんw

けど一応、知っといて~!(>_<)/

AC-7 CoreはiPadでPCのDAWをワイヤレスで操作できます!
うひょ~っ!!

ここで利用するのは、『ネットワークMIDI』というもの。
これはMIDI信号をLANで流すというもので、Apple社によって、Mac OSX 10.4 Tigerが登場したときに規格化されたものだそうです。
なので、MacのパソコンではWi-Fi環境下で、Audio MIDI設定を行うことにより使えるシステムなのですが…

じゃあ、Windowsは無理なのか…orz

いいえ、可能です!

ドイツのTobias Erichsenさんが作成されたフリーウェアrtpMIDIというものをダウンロードし、インストールすればWindowsでも『ネットワークMIDI』が使えるようになるのです!
ありがとう!Tobias Erichsenさん!!
ただし、『rtpMIDI』はApple社の「Bonjour」というソフトがインストールされていなければなりません。
iTunesなどをインストールしていれば自動的に組み込まれているものですが、入っていない場合は別途ダウンロードしてインストールが必要です。

『rtpMIDI』をインストールして起動すると、以下のような画面が出ます。
rtpMIDI SetUp Window
ここで「My Sessions」のところの「+」をクリックすると「PCの名前」が表示されます。
そこで、AC-7 Coreを起動すると「Directory」のところに「iPadの名前」が表示されます。
この「iPadの名前」が表示されたら、その項目を選び、下の「Connect」のボタンをクリックします。
すると、その「iPadの名前」が「Session」の項目に表示されます。
最後に、「Session」の項目の「Enabled」にチェックを入れます。これでOKです!

あとは、MIDIケーブルでつないだときと同様に設定すれば、ワイヤレスでDAWをコントロールできるはずですよ~♪
ちなみに、DAW側からはMIDIポートのデバイス名は「PCの名前」として認識されています。
この「PCの名前」の先にiPadがあり、ここではAC-7 Coreがあります。

追記:Windows PCにおけるCubase用の「AC-7 Core」と「rtpMIDI」の設定方法の動画を見つけたのでアップします。↓


追記:MacでLogicの場合はコチラ↓



使用感としては、私の部屋はWi-Fiが十分に働いているので、MIDIケーブルによる接続と全く変わらない感じでした!!

皆様も、一度お試しください!
ワイヤレスでPCのDAWがiPadで動いたら、絶対、感動するわ!(((o(>_<)o)))
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
いやぁ〜便利やねぇ〜!
iPod凄いね!
いっそうのこと、iOSのマルチタスク使ってDAWコンも打ち込み用のPADも鍵盤形もiPadで出来たら凄いね!
ホームボタン、ダブルクリックで「パッパッパッ」って切り替えてさ!w

そもそも専用ハードは持ち歩きにはキツくなってくるよね!

twitterでも言ったけど、機材はハードも良いのだけど、スタジオ持ってない!あるいは、いろんな場所で録音したいって言う人にはソフト上でPC 1台で完結するとほんとに便利やなぁ〜って想ったからオイラはとりあえずソフトシンセ買います!((笑

ゆくゆくはプラグインエフェクトもソフトで揃えたいなぁ〜っと贅沢な妄想に、、、

i7入ってて64bitのメモリ増設で結構、大丈夫な気がする!w
2012/07/20(金) 17:54:09 | URL | Novo #-[ 編集]
全く同感ですな!
> いやぁ〜便利やねぇ〜!
> iPod凄いね!
> いっそうのこと、iOSのマルチタスク使ってDAWコンも打ち込み用のPADも鍵盤形もiPadで出来たら凄いね!
> ホームボタン、ダブルクリックで「パッパッパッ」って切り替えてさ!w
>
> そもそも専用ハードは持ち歩きにはキツくなってくるよね!
>
> twitterでも言ったけど、機材はハードも良いのだけど、スタジオ持ってない!あるいは、いろんな場所で録音したいって言う人にはソフト上でPC 1台で完結するとほんとに便利やなぁ〜って想ったからオイラはとりあえずソフトシンセ買います!((笑
>
> ゆくゆくはプラグインエフェクトもソフトで揃えたいなぁ〜っと贅沢な妄想に、、、
>
> i7入ってて64bitのメモリ増設で結構、大丈夫な気がする!w

そうなんですよ~(>_<)/
実は、DAWコンもPADも鍵盤も一応、iPadでDAWをMIDIコントロールできるアプリはありまして、おそらくマルチタスクで切り替えもできそうなのですが…

まず、「DAWコン」と「PAD&鍵盤」がすんなりとは切り替えにくくて…
なぜなら「DAWコン」はマッキーコンロールに設定するので、「PAD&鍵盤」に切り替えてもDAW側でマッキーコントロールを解除しないといけないんですよ~f(^^;
これがメンドイ…。

あと「PAD&鍵盤」ですが…
今回の「rtpMIDI」を使って、「Pianist」などのアプリを用いてDAWを鳴らすことはできるのですが、ASIOとかではないのでレイテンシーが…f(^^;
快活に演奏できるレベルではないですネ…。
これは「iRig MIDI」を使用しても同じだったので仕様ですね。f(^^;
Macだとイケるかなぁ…(;一_一)??

ま、逆に言えば、rtpMIDIとMIDIケーブルとの差はそれほどないとも言えるんですけど。

用途的には、アルペジオ系のアプリや「genomeMIDI」などのシーケンサー系のアプリを使う分には使えるんじゃないでしょうかね~♪


私もどうやら最終的にはPC一括が望ましいところです。
ハードもおもしろいんだけど…

クアッドコア、8GBや16GBのメモリが普通になった昨今、PC内ソフトで十分イケるんじゃないでしょうか!
ソフトの種類も豊富になりましたし、価格も安くなりましたしねぇ~♪

私も師匠のあとをツイてイキますよ!www
2012/07/20(金) 18:45:40 | URL | Inory #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック