FC2ブログ
Music should be Created to Enjoy Life~♪
Bit or LIVE
2012年07月12日 (木) | 編集 |
思いついたから、タイトルをちょっとw
「DEAD or ALIVE」をモジってつけてみましたw

どうでもいいですね、そんなこと。


さて、私のDTMの出会いが「Cubase AI4」だったこともあり、こうして現在「Cubase6」を使っておるトコロですが…。

Cubase6を買う前に、迷ったDAWソフトがあります。

AbletonのLIVE 8です!
Ableton Live 8
まぁ、もっと言うと、買うならばAbleton Suite 8を買ってたと思いますがw

当時、本格的なDAWソフトの最上位版を使いたいと思ってはみたものの…
様々なDAWソフトがあれど、自分がやったことのあるDAWソフトは
Cubaseだけ。
あと、DTMを教えてくれた友人はLogic Proを使ってましたね~♪

それらに比べて、LIVE 8はオリジナル過ぎる感じがして…
よく分からなかったんですな~f(^^;

なので、最終的には無難なCubase6を選んだわけですが…
もちろん、自分のしたいことができるのかをしっかり見極めて選んだので、
Cubase6には大変満足しているところですよ!

ただ、トラックメイクにおけるスタイルの変化に伴い、今となっては、このAbleton LIVE 8は非常に優れていると言わざるを得ません!
LIVE 8についての詳しい説明は省きますが…(なんせ持ってないのでw)

創りたいイメージを
効率よく
楽しみながら
感覚的に
奏作できる
という感じですかね。
たぶん。f(^^;

まさに、「奏作楽生音」に相応しいDAWですね!!

イマ風の曲は全てこれでできますよ、きっと!

あとはその名の通り、ライブ・パフォーマンスとしても
非常に使えるのがイイですね~♪


てなわけで、Cubase6.5にしてもなお、憧れるソフトなのでいつかは手に入れたい!
けれど、Cubaseのソフトシンセや機能なども気に入っているので、できれば両方使いたい!

そこで、ReWireという規格を使えば、DAWソフトどうしを連携させて使え、望み通りのことができるのです!
…が、ひとつ難点がありました。

ReWireは32bitどうし、64bitどうしでしか対応していません。

そして、私はCubase6を64bit版で使用しているので、64bit版のLIVE 8が欲しいのですが…
LIVE 8は32bit版しかありません!

ショック!orz

ところがところが!

そんな中でなんと!LIVE 8スタッフによって新会社Bitwigを起ち上げ、新たなソフト「Bitwig Studio」を開発中だとか!
それからずっと追いかけて待ちに待ったところ、現在、ベータ版テストが発表されております!
追記:日本語字幕版に差し替えました。↓

こちらは、しっかり64bitにも対応が発表されており、LIVEスタッフの新たなソフトという期待も相まって、
次はこれで決まりだなと思っていた、つい先日!

Ableton Live 8.4ベータで64ビットに対応
というニュース…。

なんとも悩ましい…f(^^;

Are you Bit or LIVE?

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
Bitwigかっけぇ〜なぁ〜!
とりあえずは、Live8からは乗り換える事は未だ考えてないけれど、、、
Live8の64bit化はもぅしたけど、ベータ版ってなんか気になるよねぇ〜w

自分はこれからは。Waves系のプラグインをチマチマと揃えていこうと想ってますよ!

2012/07/12(木) 20:50:57 | URL | Novo #-[ 編集]
早速に!流石!
> Bitwigかっけぇ〜なぁ〜!
> とりあえずは、Live8からは乗り換える事は未だ考えてないけれど、、、
> Live8の64bit化はもぅしたけど、ベータ版ってなんか気になるよねぇ〜w
>
> 自分はこれからは。Waves系のプラグインをチマチマと揃えていこうと想ってますよ!


おぉーっ!アップデートされたんですね!
確かにベータ版へのアップデートは勇気いりますよね~f(^^;

Cubaseもベータ版アップデートのときがありましたけど、見送りましたw

とりあえず年内は、お金無いので、実はどちらも様子見です。
私もチマチマ、プラグインとかガジェット系に手を出すかもなぁ~f(^^;

そのときはBlogネタになってると思いますw
よろしくwww
2012/07/12(木) 21:03:09 | URL | Inory #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック