FC2ブログ
Music should be Created to Enjoy Life~♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dilemma
2012年06月30日 (土) | 編集 |
自分の中で 一見、矛盾した想い が生じ、それらは相容れず、せめぎ合い、不安定であるにも関わらず、それでも何らかの結論を出して前に進まなければならない…
私は常に ジレンマ の中にいる。


変わらなきゃいけない「自分」は変わらなければならないが、変わってはならない「自分」は変わってはいけない。
くだらない「自分」は捨てなければならないし、信念を貫くためには決して「自分」を失ってはいけない。
善悪をハッキリ見分けようにも悪を知らずしては分けようがない。
自分が悪の世界とは無縁の善なる人間だったとしても、悪の世界の人を救えなければ「平和」は訪れない。


この間、テレビで「ダークナイト」がやっていた。
久し振りに見たが、以前とはまた違う…より内容に深く入って見ることができたように思う。

善と悪の背中合わせ。
何が正義なのか。

様々なシーンにおいて、(あくまで私なりにだが…)製作者の言いたいこと、伝えたいことを感じながら見ていた。

そんな中、最後にバットマンは真の勝利のために、人々の前に立って先導する英雄的な正義ではなく、ただ堪え忍び、守りたいモノを守り続ける正義を選んだわけですが…


どちらが正しいということではない。
むしろ、どちらも大事である。

一見、「発展や革命を先導すること」と「じっと堪え忍ぶこと」は全く逆のことのように思える。
「発展や革命を先導すること」が「動」であれば、「じっと堪え忍ぶこと」は「静」のように感じる。

だが、真に「堪え忍ぶ」とは、「ただ、じっとすること」ではなく、「耐えつつも行動を起こし続けること」である。
完全に「動」なのだ。

つまり、「発展や革命を先導すること」と「じっと堪え忍ぶこと」は矛盾しておらず、むしろ両立できる。

このことを即座に見分けることは非常に難しい。

だから、心の中で起こる様々なジレンマは深い境地で見つめたとき、決して相反するものではないはずだ。
ただ、本質が見極められないでいるだけで、真の姿が分からないだけだ。


そんなことを考えながら今日もジレンマと見つめ合っている…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。